Course

Studio のセレクター

このコースでは、セレクターの概念と種類、UI Explorer、プロパティ エクスプローラー、それらを使用する場面、さまざまな状況に対応するセレクターの調整方法について学習します。
  • 4020 enrolled students
  • October 12, 2022
Not Started

Watch a preview

Studio のセレクター

  • 03:00:00
  • Downloadable resources available
  • Diploma of Completion included
Start Learning Now

Course details

Difficulty Level

Intermediate

Language

Japanese

Completion time

03:00:00

Product covered

Studio

「Studio のセレクター」コースについて 

このコースでは、セレクターを使用した UiPath での UI 操作の自動化について詳しく説明しています。 
このコースでは、UiPath におけるセレクターについて、種類 (部分セレクターと完全セレクター)、およびベストプラクティスについて学習します。
また、セレクターの信頼性が十分でない場合に、UI Explorer とプロパティ エクスプローラーを使用してセレクターを調整する方法を学習します。

コースの受講時間は約 3 時間で、RPA、ならびに UI 操作の自動化とは何かを理解している方を対象としています。 
すべてのレッスンを完了すると、修了証を取得できます。

 

対象製品 (バージョン): このコースは、UiPath Studio の 2020.10 製品バージョンを使用して構成されていますが、新しいバージョンにも適用されます。 

 

コース受講の前提知識

このコースは、基本的なプログラミング知識をお持ちで、以下のコースを受講された中級者の方を対象としています。

 

受講対象者

R​​PA 開発者を対象としています。

 

学習内容

このコースでは、セレクターの種類やベスト プラクティス等、次の 5 つの主要項目について学習します。 

  • セレクターとは
  • UI Explorer
  • セレクターの種類
  • セレクターの調整
  • セレクターの信頼性を向上させる手段

 

学習目標

このコースの修了により、次のことができるようになります。

  • セレクターとは何か、またセレクターの仕組みを説明できる。
  • 自動化の際、正しいセレクターの種類と設定を選択できる。
  • UI 要素の属性の調べ方を説明できる。
  • セレクターを調整して要素の識別精度を向上できる。

 

コース修了後、さらに知識を高めるために、次の関連コースに進むことができます: 「Studio でのプロジェクト構成」「Enhanced Selectors in Studio」「Object Repository