Course

Studio でのデバッグ

このコースでは、オートメーションを本番環境に導入する上で最も重要な点の 1 つである、ワークフローのバグを解決するためのデバッグ機能の使い方について説明します。
  • 46 enrolled students
  • June 15, 2022
Not Started

Watch a preview

Studio でのデバッグ

  • 02:00:00
  • Downloadable resources available
  • Diploma of Completion included
Start Learning Now

Course details

Difficulty Level

Intermediate

Language

Japanese

Completion time

02:00:00

Product covered

Studio

「Studio でのデバッグ」コースについて 

オートメーションの最も重要な側面の 1つは、すべてが期待どおりに機能することを確認することです。
このコースでは、Studio が提供するさまざまなデバッグ機能を使用して、オートメーションが本番環境に対応していることを確認する方法を学習します。

まず、各種オプションやパネルなどのデバッグ機能の概要説明から始め、次にそれらの基本的な使用方法と高度なツールについても説明します。
このコースを修了すると、Studio のすべてのデバッグ機能を使用して、オートメーションが意図したとおりに機能していることを確認できるようになります。

 

対象製品 (バージョン): このコースは、UiPath Studio の 2020.10 製品バージョンを使用して構成されていますが、新しいバージョンにも適用されます。 

 

コース受講の前提知識

このコースは、基本的なプログラミング知識をお持ちで、以下のコースを受講された中級者の方を対象としています。

 

受講対象者 

Studio が提供するデバッグ機能を使用して、自動化が意図したとおりに機能することを確認する方法を学習したいと考えている RPA 開発者を対象としています。

 

学習内容

  • デバッグ機能の概要
  • 基本的なデバッグ機能
  • 高度なデバッグ機能
  • 実践

 

学習目標

このコースの修了により、次のことができるようになります。

  • すべてのデバッグ オプションの動作について説明できる。
  • すべてのデバッグ パネルの表示内容を説明できる。
  • UiPath Studio のすべてのデバッグ機能を使用してプロジェクトを期待どおりに実行することができる。

 

コース修了後、修了証を取得できます。
また、さらに知識を高めるために、次の関連コースに進むことができます: 「Error and Exception Handling in Studio」「Email Automation with Studio」「PDF Automation in Studio