Course

UiPath Orchestrator (クラシックフォルダー) コース

この UiPath Orchestrator (クラシックフォルダー) コースは、2020.4より前のバージョンをご利用の方向けのコースです クラシックフォルダーは廃止を予定しているため、2020.4以降のバージョンをご利用の方は受講の必要はありません
  • 16091 enrolled students
  • April 01, 2022
Not Started

Watch a preview

UiPath Orchestrator (クラシックフォルダー) コース

  • 08:00:00
  • Downloadable resources available
  • Diploma of Completion included
Start Learning Now

Course details

Difficulty Level

Intermediate

Language

Japanese

Completion time

08:00:00

Product covered

Orchestrator

受講対象者:

  • RPA デベロッパー
  • Orchestrator 運用・管理者

 

学習目標:

  • Attended / Unattended ロボットの管理ができる
  • プロセスをデプロイできる
  • パッケージのバージョンを管理できる
  • ジョブを実行できる
  • ログ・アラートを適切に設定できる
  • アセット管理ができる
  • キューを活用した開発ができる

 

推奨される前提知識:

 

学習内容:

1. トレーニング環境の準備

2. UiPath Orchestrator の概要

3. ロボットの種類

4. ロボットの管理

5. ジョブ実行のための設定 概要

6. ジョブ実行のための設定 1 : Orchestrator と Robot の接続方法

7. ジョブ実行のための設定 2 : プロセスのデプロイ方法

8. ジョブの実行方法

9. ジョブの停止方法

10. パッケージのバージョン管理

11. 入力・出力パラメーターの活用方法  

12. ログ・アラートの活用

13. アセットの活用方法

14. キューの活用方法