Course

UiPath Studio開発 上級コース

この UiPath Studio 開発 上級コースは、RPA基礎プログラムを修了した方向けです REFrameworkを使用し、安定的・効率的な開発方法を学習します
  • 9811 enrolled students
  • September 08, 2021
Not Started

Watch a preview

UiPath Studio開発 上級コース

  • 40:00:00
  • Downloadable resources available
  • Diploma of Completion included
Start Learning Now

Course details

Difficulty Level

Advanced

Language

Japanese

Completion time

40:00:00

Product covered

Studio, Orchestrator

受講対象者:

  • RPA デベロッパー
  • ソリューションアーキテクト

 

学習目標:

  • REFramework の理解
  • REFramework を活用し、安定的かつ効率的に自動化プロジェクトを作成できる

 

推奨される前提知識:

 

学習内容:

1. UiPath Studio 開発 上級コースへようこそ

    はじめに

    学習リソース

2. UiPath Studio 開発 上級コース

    REFramework について

    REFramework の仕組み

    REFramework 構成詳細

3. UiPathデモアプリ演習(REFramework上の開発&キュー使用)

    演習内容説明&準備

    Config ファイルの構成

    [初期化] ステートの構成

    [トランザクション データを取得] ステートの構成

    [トランザクションを処理] ステートの構成

    [プロセスを終了] ステートの構成

    動作確認

4. 提出課題1セキュアハッシュ算出処理の自動化

    課題説明&準備

    Config ファイル・変数・引数の設定変更

    [初期化] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [トランザクションデータを取得] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [トランザクションを処理] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [プロセスを終了] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [初期化] ステートの構成

    [トランザクション データを取得] ステートの構成

    [トランザクションを処理] ステートの構成

    [プロセスを終了] ステートの構成

    課題1の提出方法

5. 提出課題2年次レポート生成の自動化

    課題説明&準備

    Config ファイル・変数・引数の設定変更

    ディスパッチャーの開発

    [初期化] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [トランザクションデータを取得] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [プロセスを終了] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [初期化] ステートの構成

    [トランザクションデータを取得] ステートの構成

    [トランザクションを処理] ステートの構成

    [プロセスを終了] ステートの構成

    パフォーマーの開発

    [トランザクションを処理] ステート内で呼び出すワークフローの開発

    [初期化] ステートの構成

    [トランザクションデータを取得] ステートの構成

    [トランザクションを処理] ステートの構成

    [プロセスを終了] ステートの構成

    課題2の提出方法

6. 課題提出

    顧客のセキュアハッシュ算出 - 課題アップロード

    年次レポートの生成 - 課題アップロード