Course

StudioX でのエラー処理方法

UiPath StudioX でのエラー処理方法として、検証エラーを回避する方法、オートメーション プロジェクト開発のベスト プラクティス、プロジェクトをトラブルシューティングする方法などについて学習します。
  • 296 enrolled students
  • December 19, 2022
Not Started

Watch a preview

StudioX でのエラー処理方法

  • 01:20:00
  • Downloadable resources available
  • Diploma of Completion included
Start Learning Now

Course details

Difficulty Level

Intermediate

Language

Japanese

Completion time

01:20:00

Product covered

StudioX

「StudioX でのエラー処理方法」コースについて

このコースでは、StudioX でワークフロー開発を行う過程で、エラーを減らす方法を確認します。
また、プロジェクトをトラブルシューティングする方法、および一般的なトラブルシューティング手法を UiPath StudioX で活用する方法など、以下の点について学習します。

  • StudioX の検証ツールと分析ツールでできること。
  • ワイルドカードとテンプレート ファイルの概念。
  • UiPath が提供する情報リソースを活用して、必要な情報を収集する方法。
  • 一連のベスト プラクティスを取り入れることの重要性。

このコースは初心者を対象としています。
所要時間は約 1 時間 20 分で、すべてのレッスンを修了すると、修了証を取得できます。 

対象製品 (バージョン): このトレーニングは、UiPath StudioX のバージョン 2021.10 を使用して構成されていますが、それより新しいバージョンにも適用されます。 

 

コース受講の前提知識 

このコースを受講する前に、以下のコースを修了している必要があります。

  1. StudioX による初めてのオートメーション開発」コース
  2. StudioX でのファイルとフォルダーの自動化」コース

 

受講対象者 

このコースは、UiPath StudioX に関心があるビジネス ユーザーを対象としています。

 

学習内容 

学習内容は次のとおりです。

StudioX でのエラー処理方法

  • プロジェクトを検証および分析する
  • プロジェクトをトラブルシューティングする方法
  • オートメーションのベスト プラクティス
  • 情報リソースの活用

実践

  • 演習 - トレーニング管理者アシスタント

 

学習目標 

このコースの修了により、次のことができるようになります。

  • StudioX の検証ツールと分析ツールを使用して、検証エラーの数を減らすことができる。
  • 再利用性と可読性を向上させるベスト プラクティスを使用して、オートメーションを開発できる。
  • 期待通りの動作結果が得られなかった場合に、プロジェクトをトラブルシューティングできる。