コース

Studio でのエラーおよび例外処理 (v2021.10)

自動化プロセスで、例外を予期、検出して処理する方法を知りたい場合は、このコースを受講してください。
  • 5037 登録者
  • October 25, 2023
未学習

プレビューを見る

Studio でのエラーおよび例外処理 (v2021.10)

  • 001:30:00
  • Downloadable resources available
  • 修了証が発行されます
今すぐ学習を開始

コース詳細

難易度

Intermediate

言語

Japanese

受講時間

001:30:00

対象製品

Studio

Studio でのエラーおよび例外処理」コースについて 

このコースは、 [トライ キャッチ]、[スロー]、[再スロー]、[リトライ スコープ]、[グローバル例外ハンドラー] などの例外処理アクティビティについて説明する中級者向けのコースです。
また、UI Automation 系アクティビティの共通プロパティであり、非常に役立つプロパティである [エラー発生時に実行を継続] についても学習します。

対象製品 (バージョン): このトレーニングは、UiPath Studio のバージョン 2021.10 を使用して構成されていますが、それより新しいバージョンにも適用されます。

 

受講前提条件 

このコースを受講する前に、次のコースを修了している必要があります。

 

受講対象者 

このコースは、約 1.5 時間のコースで、RPA 開発者を対象としています。 

 

学習内容 

  • アプリケーション例外とビジネス例外 
  • [トライ キャッチ]、[スロー]、[再スロー]
  • [リトライ スコープ]
  • [エラー発生時に実行を継続] プロパティ
  • ​グローバル例外ハンドラー
  • 演習 1 - スプレッドシートの計算の自動化
  • 演習 2 - グローバル例外ハンドラーの使用

 

学習目標 

このコースの修了により、次のことができるようになります。  

  • 異なる種類の例外を特定し、区別できる。
  • 一般的な例外処理の手法について、その手法をどのような場合に使用すべきかを説明できる。 
  • オートメーション プロジェクトで [トライ キャッチ]、[スロー]、[再スロー] の各アクティビティを使用できる。
  • オートメーション プロジェクトで [リトライ スコープ] アクティビティを使用できる。
  • [エラー発生時に実行を継続] プロパティについて説明できる。
  • 有人と無人の両方のシナリオでグローバル例外ハンドラーを使用できる。