コース

Studio による UI 操作の自動化 (v2021.10)

このコースでは、モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの両方を使用して、UI 操作の自動化の概念について学習します
  • 5273 登録者
  • October 25, 2023
未学習

プレビューを見る

Studio による UI 操作の自動化 (v2021.10)

  • 05:00:00
  • Downloadable resources available
  • 修了証が発行されます
今すぐ学習を開始

コース詳細

難易度

Intermediate

言語

Japanese

受講時間

05:00:00

対象製品

Studio

「Studio による UI 操作の自動化」コースについて 

この一連のチュートリアルでは、UiPath による UI 操作の自動化について学習します。
モダン デザイン エクスペリエンスとクラシック デザイン エクスペリエンスを使用して練習します。
[アプリケーション/ブラウザーを使用]、[クリック]、[文字を入力]、[テキストを取得]、[アプリのステートを確認] などのアクティビティを使用した UI Automation プロジェクトの効果的な開発方法について、また、対応する Chromium API、シミュレート、ウィンドウ メッセージを送信などの入力メソッドや、フル テキスト、ネイティブ、OCR などの出力メソッドについても学習します。

この UiPath Studio ガイドは、RPA 開発で学習した情報を基に構築されています。
このガイドでは、Studio による UI 操作の自動化と、自動化ジャーニーを進める方法について学習します。

対象製品 (バージョン): このトレーニングは、UiPath Studio のバージョン 2021.10 を使用して構成されていますが、それより新しいバージョンにも適用されます。 

 

受講前提条件

基本的なプログラミング知識をお持ちで、以下のコースを既に受講された方を対象としています。

 

受講対象者 

中級者向けの UI 操作の自動化に関するトレーニング コースです。
RPA 開発者が UI 操作の自動化について学習するのに最適です。
 

学習内容 

このコースでは、次の 3 つのモジュールで、UI 操作の自動化に関する基本的なトピックについて学習します。

1. UI 操作の自動化について: このモジュールでは、RPA 開発者を対象に UI 操作の自動化に関連するすべての基本的な概念を説明します。

  • UI 操作の自動化とは
  • UI 操作の自動化の主要概念
  • モダン デザイン エクスペリエンスとクラシック デザイン エクスペリエンスの違い
  • UiPath Studio でデザイン エクスペリエンスを変更する方法
  • すべての新しいオートメーション プロジェクトを対象とした Studio レベルでの既定のデザイン エクスペリエンスの構成

 

2. モダン デザイン エクスペリエンスを使用した UI 操作の自動化: このモジュールでは、Studio でのモダン デザイン エクスペリエンスを使用した UI 操作の自動化プロジェクトの開発について説明します。

  • モダン デザイン エクスペリエンスの [選択オプション] 画面
  • モダン デザイン エクスペリエンスの入力および出力アクティビティ
  • モダン デザイン エクスペリエンスの入力メソッドとアクティビティ
  • モダン デザイン エクスペリエンスの出力メソッドとアクティビティ
  • モダン デザイン エクスペリエンスの UI 同期系アクティビティ

 

3. クラシック デザイン エクスペリエンスを使用した UI 操作の自動化: このモジュールでは、Studio でのクラシック デザイン エクスペリエンスを使用した UI 操作の自動化プロジェクトの開発について説明します。

  • クラシック デザイン エクスペリエンスの概要
  • クラシック デザイン エクスペリエンスの入力メソッドとアクティビティ
  • クラシック デザイン エクスペリエンスの出力メソッドとアクション
  • クラシック デザイン エクスペリエンスの UI 同期系アクティビティ
     

学習目標

このコースの修了により、次のことができるようになります。

  1. UI 操作の自動化について
  • UI 操作の自動化とは何かを説明できる。
  • Studio を使用した UI 操作の自動化の主な要素を説明できる。
  • Studio のモダン デザイン エクスペリエンスとクラシック デザイン エクスペリエンスの主な違いを説明できる。
  • オートメーションの要件に基づいて、Studio でデザイン エクスペリエンスを変更できる。

 

2. モダン デザイン エクスペリエンスを使用した UI 操作の自動化 

  • [選択オプション] ウィンドウを使用して、UI 操作の自動化に必要なターゲットを指定および選択できる。
  • モダン エクスペリエンスの主要なコンテナー アクティビティである [アプリケーション/ブラウザーを使用] を設定できる。
  • オートメーションの要件に基づいて、モダン デザイン エクスペリエンスで使用される正しい入力アクティビティを使用できる。
  • モダン デザイン エクスペリエンスで使用される入力メソッドを説明できる。
  • オートメーションの要件に基づいて、適切な入力メソッドを選択できる。
  • [バックグラウンド] 入力モードの動作の仕組みを説明できる。
  • モダン エクスペリエンスのレコーダーを使用できる。
  • モダン デザイン エクスペリエンスで使用される主要な出力アクティビティを使用できる。
  • モダン デザイン エクスペリエンスで使用される出力メソッドを説明できる。
  • 表抽出を使用できる。
  • UI 同期系アクティビティを使用できる。
  • モダン エクスペリエンスのアクティビティのすべての主要なプロパティを設定できる。
  • モダン エクスペリエンスを使用して、UI Automation プロジェクトを開発できる。
  • 複数のアプリケーションを操作する際に、入れ子になったコンテナーを使用する方法を説明できる。
  • モダン エクスペリエンスで開発した UI Automation プロジェクトをデバッグできる。

 

3. クラシック デザイン エクスペリエンスを使用した UI 操作の自動化 

  • オートメーションの状況に適した入力メソッドを選択できる。
  • 入力アクションのプロパティをカスタマイズして、オートメーションの信頼性と有効性を向上できる。
  • 自動化するアプリケーションとプロセスの仕様に合った出力アクションを使用できる。
  • 最も適切なアクティビティを使用して UI 要素の識別とオートメーションの効率を向上させることにより、オートメーションの信頼性を最大限に高めることができる。