コース

Orchestrator リソースの利用方法 (v2021.10)

このコースは、すべてのオートメーション、ロボット、オートメーションのアセットを Orchestrator を使用して一元管理するための方法を学習する RPA 開発者向けのコースです。
  • 4997 登録者
  • October 25, 2023
未学習

プレビューを見る

Orchestrator リソースの利用方法 (v2021.10)

  • 002:00:00
  • Downloadable resources available
  • 修了証が発行されます
今すぐ学習を開始

コース詳細

難易度

Intermediate

言語

Japanese

受講時間

002:00:00

対象製品

Orchestrator

「Orchestrator リソースの利用方法」コースについて 

このコースでは、Orchestrator をライブラリやアセットなどのリポジトリとして使用する可能性を探ります。
Orchestrator でキューを操作する方法を学習し、直線的な処理、反復処理、トランザクション処理という 3 つの業務プロセスについて深く掘り下げていきます。
 

対象製品 (バージョン): このトレーニングは、UiPath Studio のバージョン 2021.10 を使用して構成されていますが、それより新しいバージョンにも適用されます。

 

受講前提条件

このコースを受講する前に、基本的なプログラミングの知識の習得と次のコースを修了している必要があります。 

 

受講対象者 

このコースは、中級者向けの UiPath Orchestrator トレーニング コースです。
RPA 開発者がオートメーション管理の中枢的存在である Orchestrator について学習するのに最適です。 

 

学習内容

  • Studio での Orchestrator リソース利用
  • Orchestrator のライブラリとテンプレート
  • ストレージ バケット
  • キュー
  • プロセスのトランザクションと種類
  • 演習 1 - Orchestrator リソース
  • 演習 2 - キューを使用したプロセス

 

学習目標 

このコースの修了により、次のことができるようになります。

  • Orchestrator のリソースを Studio で直接使用できる。
  • Orchestrator でライブラリおよびテンプレートをパブリッシュ、インストール、更新できる。
  • ストレージ バケットにファイルを格納し、オートメーション プロジェクトで使用できる。
  • Orchestrator のキューを作成、入力、消費できる。
  • キューのさまざまな概念の関係を理解し、正しく関連付けることができる。
  • プロセスの種類を特定し、プロセス内で自動化するトランザクションを明確にできる。